セルゲイ・ポルーニン Sergei Polunin

 バレエ界の天才でありながら異端児
持て余す才能に苦悩に充ちた彼のコンテンポラリーダンスは、みる人の心を揺り動かす。1度は踊りたくないと舞台を降りることを決意した彼の最後の舞、『Take Me To Chrch 』で一斉を風靡した。映画『ダンサー セルゲイ・ポルーニン』で彼を知り、その魅力に取り憑かれた。
こちらの方が有名かもしれない。
飛び跳ねたかと思えば、苦しげに窓際に駆け寄り、地面に転がり、苦悩するその姿すら美しい。私の思う、コンテンポラリーダンスとは自身に内包する葛藤や苦しみを全身で現すことにある。憎むでも、悔やむでも恨むでもなく、ただ現す。醜いものを美しくする、その姿こそ、私が芸術というものに見出す感動の根源だと思う。

Praying mantis

大勝詩織のポートフォリオ

0コメント

  • 1000 / 1000